マンション経営が選ばれる理由

ライフプランニングの必要性

国の借金問題や終身雇用の崩壊、そして身近なところで、年金の401kの導入など、一昔前とは価値観が変わり、国や会社に頼るのではなく自己責任の時代だと言われて久しいですが、その中で個人個人がしっかりと、自分とご家族のライフプランニングをたてていく必要性にかられているのではないかと思います。ただ、特に日々忙しくされているビジネスパーソンにとっては、ほとんどの方々が専門分野ではないので、ライフプランニングについて手探りな状態であることも確かです。

それに年代や家族構成、将来の考え方によっても課題は異なります。
20代は、まだまだ収入が低いが、結婚などライフイベントのための貯蓄を優先し将来の対策どころではない。
30代は、家族もでき収入も増えてくるが、それと同時に支出や税金も増えるのでそんなに生活が変わらず。
40代は、家族のための保障も必要だし、そろそろセカンドライフにも備えなければならない。ただ、高い保険料、教育資金や家、車など支出のピークで、、、。
一例を挙げましたが、少なからずとも当てはまるところはあるのではないでしょうか。

安心、安定したマンション経営

そこで、各年代のライフプランニングにさまざまな形で貢献できる商品としてマンション経営をお勧めします。
マンション経営とは、マンションを所有し第三者に賃貸することにより、毎月安定した家賃収入を長期的に得ることです。

ローンを組んだ場合、その返済の大半は家賃収入で充当できますので、毎月の保険料を支払うような感覚でお持ちいただけます。
そして、ローン終了後は、毎月の家賃が自分の不労収入になるので、年金のような形でもらえていきます。
マンション経営は立地の厳選や、賃貸管理システムを充実するなどのリスク回避により、中長期的に、安定的に資産形成ができます。
ですから、サラリーマンや公務員などの一般層の間でも、ライフプランニングに安心して組み込めるものとして、大変な脚光を浴び、定着してきました。

なお、FXや株などの金融投資商品での場合、利回りの高いものにはたいてい高いリスクがともないます。
また、いざ投資しようとしても様々な金融知識だけでなく、常にマーケットの動向をチェックしなければなりません。ですから、仕事をしながらライフプランニングに組み込もうとしても、不安定ですし、あまりにもハードルが高くなってしまうのではないでしょうか。

年金として

ご自身が貰える年金額を把握していますか?

不確実な未来を確実な未来にするためには早期から取り組むことが必要です。ゆとりある老後生活を送るためには必要な生活費は月に38万円必要になると言われています。さらに厚生労働省の調査によると、2050年には65歳以上の3人に1人が要介護認定者になると言われており、ご自身の将来設計を組む際に、ご自身またはご家族の介護を考慮しなれければならない状況にあります。

総務省「家計調査」によると、高齢夫婦無職世帯の1ヵ月当たりの平均支出は27万円。しかし、退職後、旅行に行ったり、趣味を楽しんだりといった時間を考えると、少なくとも40万円前後は必要であると言われています。それに対して、現在の公的年金の支給額は21万円程度。しかし、20~40代が将来支給される給付額は現在の給付額より下回ると予測されております。
さらに生命保険文化センターの調査によると必要となる介護費用は月額15~20万と推定されており、ゆとりある老後生活を送るために必要となる生活費は今後増えていく一方です。

ですから、あくまでも老後に、「生活費+α(+α=経済的なゆとりができたらしたい事)」を実現し、自らの思い通りのセカンドライフを送るアクティブなシニアになる為に、今後の公的年金以外の年金対策が必要になります。

+αを実現する家賃収入

そこで、個人年金の代わりに注目されているのが、ワンルームマンション経営です。
これは、マンションという空間の利用価値が生み出す家賃収入を長期的、安定的に得られる事が魅力の1つであり、この家賃収入こそが、+αを実現する私設年金につながっていくのです。
ご存知のように、公的年金の保険料額と給付額が将来ミスマッチをおこす事はほぼ間違いなく、定年後の長いセカンドライフを乗り切る為には国や企業に頼れず、自助努力が重要視されている今こそ「個人年金」としてのマンション経営に注目すべきです。

生命保険として

安心の生命保険付き

マンション経営は、生命保険的な役割を持っています。
住宅ローンを利用しマンションを購入される場合、お客様には金融機関が指定する団体信用生命保険にご加入いただきますので、亡くなられた場合や、所定の高度障害になられた場合に保険金が支払われ、ローンの残債務が相殺されます。
その結果、ローンの無いマンション資産がご遺族に相続されご遺族はマンションからの賃料を毎月の収入として受け取ることも、また、マンションを売却し保険金として現金を手にすることも出来るのです。

それに、団体信用生命保険の保険料は、月々のローン返済に含まれています。別途支払う必要もありませんし、保険料が年齢とともに高くなる心配もありません。
ですから、現在加入の生命保険との組み合わせを考慮されたり、または見直しをすることによって、保障額を変えずに保険料をお安く出来るという、家計に優しい面も持ち合わせております。
マンション経営には複合的なメリットがありますが、ご家族への保障を第一に検討され、購入されているお客様も多くいらっしゃいます。

資産形成・インフレ対策として

バブル崩壊以降、失われた20年と言われて久しいですが、それは抜け出せないデフレ経済を意味していました。
デフレ下では貯蓄が資産保全には有効ですので、お金が市中に回らず、消費も冷え込み、企業の業績低下、そして賃金の低下、雇用不安・・・この悪循環が繰り返された時代でした。

それが、2012年の自民党第二次安部政権が発足したことにより、デフレ脱却に向け、日銀の異次元金融緩和を皮切りにインフレを目指したものになりました。
インフレは、モノが高くなるわけですから、お金の価値は低くなり、貯蓄をするだけでは、資産保全にはなりません。

ですから、ポートフォリオはバランスが大事ですが、
インフレヘッジできる資産形成も今後は考慮するべきですし、不動産はモノであり、その最たるものといわれています。

ただでさえ、中長期を見れば、資本主義経済はインフレ方向に進み、消費増税も実質モノが高くなることを意味し、それと平行して、オリンピックへの期待感などで消費マインドも上がります。
政府も貯蓄から投資へを推進しているように、個人が投資を考慮することが不可欠な時代になっているのではないでしょうか。

ページのトップへ